主婦っとサーベイ スーパーマーケット三昧の旅 リスト一覧に戻る
スーパーマーケット三昧の旅 第8弾 高知・香川編
2005年9月19日、21日、22日。もう一度行きたい!と思っていたサニーアクシスでお買い物をするために今回は高知まで車を走らせた。
月日が流れるのは早いもので、周辺のお店も次々改装しており状況が変ってきているように感じた。
3日間の走行距離は780km。お店とお店の距離は車なら数分、もしくはお向かいの店舗もあり、地元のお客にはお買い物に行くスーパーマーケットの選択肢が広がったようだ。

9月初めの高知・香川はまだ夏のよう。鍋エンドが盛んに展開されていたが、まだざるうどんが食べたくなる気候だった。
高知県では、サニーアクシス南国店、サニーマート中万々店、サニーマート瀬戸店、毎日屋桟橋店(サニーマート)、元気屋(サニーマート)、サンシャインカルディア、サンシャインヴィアン、フジグラン葛島店、ナンコクスーパーハイパー高須店の9店舗でお買い物。
大阪帰路途中に香川県高松市で寄ったお店は、サニーマート太田店、ムーミー茜店、ムーミー川島店、ムーミー林店、マルヨシセンター茜町店、コープ香川扇町店7店舗だった。
サニーアクシス南国店は2回目のサーベイをしたので、評価表をご覧下さい。


お買い物したスーパーマーケット

1日目:2005年9月19日(敬老の日)
サニーアクシス南国店→サンシャインカルディア→サニーアクシス南国店→元気屋→サニーマート中万々店
サニーアクシス南国店 サンシャインカルディア 元気屋(サニーマート)
サニーアクシス南国店には、高知に入ってすぐの午前と午後の2回、2日目午後と夕方の2回お買い物をして、サーベイをしてきた。
評価表をご覧下さい。

サニーアクシス南国店から車なら2、3分。
生鮮食材もドライグロッサリー類も安い品から高い品まで幅広く揃っている。特に惣菜売り場では、珍しい食材の組合わせの洋惣菜や野菜の付け合せもちゃんと入っているハンバーグが並び、デパ地下ならお値打ちに感じる価格。しかし、お客は和惣菜コーナーに集っている。
果物売り場の試食台では、まとめて2、3個口に放り込むお客が多く、出したら瞬く間に空になる。刺身コーナーでは、「醤油、しょうがは1パックに付き1つか2つまで」の但し書きがあるお店。少々無理があるように感じる品揃えをお店が手直ししていくのか、お客が変るのを待つのか・・・。
周辺には新しいマンションが並ぶ。
買い忘れた商品をちょっとを買いに行くのには便利。グリグラのお惣菜はこの店でも元気。でも、こだわり食品も地元の食品コーナーもまるでお土産物屋のようで、いったいこのお店にどんなお客が来る予定で揃えたのかなあ〜という印象を持つ。
サニーマート中万々店
入ってすぐに、敬老の日のプレゼント雑貨が並ぶ。そして惣菜売り場、和日配売り場と続き、一番奥に野菜売り場がある。鮮魚売り場では、どの刺身も美味しそう。夕方4時には、次々とかつおのたたきが運ばれてきたので、思わず夕食のために購入。


2日目:2005年9月20日(火)
フジグラン葛島店→サニーマート瀬戸店→サンシャインヴィアン→毎日屋桟橋店→ナンコクスーパーハイパー高須店→サニーアクシス南国店→サンシャインカルディア→サニーアクシス南国店
フジグラン葛島店グランヴェスタ サニーマート瀬戸店 サンシャインヴィアン
別棟には飲食店、ダイソー、パソコン教室など広々とした空間に建てられている。そのお隣にグランヴェスタと名づけられた食料品棟がある。倉庫タイプで天井が高いので広々とした雰囲気。ドライグッロサリーの種類の豊富さが印象的。
通路が広く、すっきりしているので、車椅子のお客も不自由無くお買い物が出来ていた。鮮魚売り場には、大阪では見た事のないほど鮮度のいい丸物の魚が100円〜200円という価格で、種類多く並んでいてお客も集っている。
卵の1個売りや野菜のばら売りコーナーなど、細かい品揃えがあるのは、今回見た中では、このお店だけ。
サニーマート瀬戸店の駐車場から建物が見える徒歩で2〜3分のお店。
高知では、サニーマートとサンシャインのどのお店にも道の駅に設けられているような生産者直売コーナーがある。このお店では、売り場の一画に野菜だけではなく、ゼリーや漬物、パン、ケーキまで並んでいる。見た目には手作り感のある物が豊富に並んでいるけれども、販売店としてのチェック機能は充分なのだろうか・・・。
毎日屋桟橋店(サニーマート) ナンコクスーパーハイパー高須店
地図では、南国スーパーと表記されていたのだけれど、毎日屋になっていた。
7時〜12時まで営業のお店で、車の出入りも頻繁。コンビニのように使われている様子。
この頃では珍しいりんごの多量の木箱に、1個売りりんごが積まれており、価格訴求が明解に伝わる。
お菓子も、エンドでダンボール陳列されていたが、カット技術が結構匠で、側面の一部が三角の窓になっており商品が見える。


3日目:2005年9月21日(水)香川県高松市
ムーミー茜店→マルヨシセンター茜町店→コープかがわ扇町店→ムーミー川島店→ムーミー林店→サニーマート太田店
ムーミー茜店 マルヨシセンター茜町店 コープかがわ扇町店
朝市のとれたて野菜が直球で安い!定番棚には、国産の、じゃがいも1袋、人参1袋、オクラ、キャベツなどが100円。エリンギ、まいたけは98円など、野菜が安いと、主婦ってまた来ようと思うのよね。 ムーミー茜店とは道路を隔て正真正銘のお向かい。
生活館と食品館に分かれている。まだ新しいお店という事もあり、店内は明るく商品を選びやさすい。
鮮魚に鮮度感がない、目の前は瀬戸内海なのに・・・。この周辺のお客は、スーパーマーケットでは鮮魚を買わないのかしら!?と疑問。
昨年の台風の被害に遭い、今年8月に新装開店してもうすぐ一ヶ月。
床や天井が明るいし、野菜も鮮魚も新鮮で値頃感がある。店員さんも親切。高松市の住民ならコープかがわの組合員になって行きつけのお店にしたくなるだろうな。
ムーミー川島店 ムーミー林店 サニーマート太田店
あけびなど季節感のある果物も並んでいる。こちらでは、はすねと呼ばれているらしいレンコンや里芋の種類も多い。
キャベツ1個195円、きゅうり1本50円などこちらのムーミーは少し高め。
『香川インテリジェントパーク』という表示のすぐそばの開発エリアにある。香川の頭脳が集まっているらしく、産官学の連携研究所や大学など、近代的な建物が立ち並ぶ。周辺にはマンションや一戸建ての住宅が建設途中。というエリアに一番近いスーパーマーケットになる。ランチのお弁当需要もあるのではないかと思っていたが、入ってすぐの野菜売り場の辺りで、ドリアンが置いてあるのかと思われる臭いがしてくる。ドリアンは無く、店の奥から臭ってくる。鮮魚売り場か惣菜売り場の臭いか・・・。とても買い物をする気になれず、とっとと出てくる。 こじんまりした買いやすそうなお店。
どの売り場も店員さんが愛想よく話しかけながらお勧め商品を教えてくれる。
惣菜売り場で、金時豆のかき揚げという、見慣れぬ商品があった。地元では日常食べているかき揚げのようで、早速買って帰った。
野菜売り場の品数が少なく、キャベツは100g単価で値段が付いているので、少々痛んでいる商品でも1個あたり238円、158円、150円などまちまち。
『地元の農家の方が毎日持ってきます』と書かれたコーナーの野菜は鮮度がいいが、種類も量も少ない。
干物をお土産に買うつもりだったが、品揃えが悪く、高知で買ってきたらよかったと悔しがる。


主婦っとサーベイトップページに戻る