主婦っとサーベイ スーパーマーケット三昧の旅 リスト一覧に戻る

スーパーマーケット三昧の旅 第7弾 仙台編
仙台空港からレンタカーのカーナビの御世話になって仙台市を回ってきた。
あいにくの台風の影響で小雨の続く3日間。でも、どこのお店も買い物客で賑わっていた。
ヨークベニマル山田鉤取店、ヨークベニマル新田東店、ヨークベニマル真美沢店、ヨークベニマル泉古内店、ヨークベニマル南吉成店、イトーヨーカドー仙台泉店とセルバ食彩館、つかさ屋高森店、ヤマザワ長命ヶ丘店、みやぎ生協高森店、グリーンマート桂店、西友勝山公園店、ザ・モール仙台長町店の13店舗。
生産地がすぐそばにある消費地だから、海の幸も山の幸も鮮度がよく値頃感もある。
どのお店でもカゴいっぱいの生鮮食材を買っているお客が曜日に関係無く多いのには驚いた。
2日目の夕食は美味しい魚料理を頂きながら、地元の主婦と仙台の食文化についての話で盛り上がる。保存して下さっていた新聞の折込ちらしも頂き興味深くチェック。
3日目にはヨークベニマル南吉成店でお買い物をしてサーベイもしてきた。
できるだけ静かに「見て!見て!」と2人で話をしているつもりなんだけど、大阪弁が目立つのか、何度か珍らしげに振り返られながら。
以前から”日本最強ヨークベニマル流クロスマーチャンダイジング”って聞いていた。関連販売(クロスマーチャンダイジング)って精肉売り場の足元に箱入りのワインを怪我しそうな邪魔な状態で置いてあったり、メーカーが無理やり運んできて売り場にとって付けたように溶け込んでいないものがほとんだった。ありがたくない訳ではないけれど、「何か違うよね」と思っていた。今回はその”日本最強”も楽しみにヨークベニマルでお買い物をしてきた。


お買い物したスーパーマーケット

1日目:2005年9月4日(日)
イトーヨーカドー仙台泉店→セルバ食彩館→ヨークベニマル真美沢店→グリーンマート桂店→みやぎ生協高森店→つかさ屋高森店→ヨークベニマル泉古内店→ヤマザワ長命ヶ丘店→ヨークベニマル南吉成店
イトーヨーカドー仙台泉店 セルバ食彩館 ヨークベニマル真美沢店
大きな住宅地に近い地下鉄泉中央駅、バスターミナル目の前。
食料品売り場には、この時期美味しいさんまが並ぶ。丸もの、頭と内臓を取ったもの、それを半分に切ったもの、開き、開きを半分に切ったもの、刺身用、刺身を盛り付けた完成品、すり身。横にはすだちと焼き網。ここまで細分化された下処理をしてくれてあるお店は、今回行ったお店の中でもここだけ。それに、並んでいるパックの量も多く、買っているお客も多い。売り切る自信が感じられた売り場。
イトーヨーカドー仙台泉店に隣接する専門店の集合ビル。駐車場はイトーヨーカドーと共有。1階にあるセルバ食彩館はこじんまりとした売り場にデパ地下のような個性のあるお店が入っているので、駅に近いし、短時間で買い物をする時には便利そう。 中華名菜の横にうずら卵の水煮99円が並べてある。そうそう!うずら卵はたいてい2個ほど入っているのだけれど、子供たちに人気だから買い足すのよね。同じ事をしている人がいるって事と、お店がそれを察知してくれて並べてくれている事にびっくり。これが消費者にとってありがたい関連販売よね。
グリーンマート桂 みやぎ生協高森店 つかさ屋高森店
店の周りには生垣に囲まれた高級住宅一戸建てが並ぶエリア。その中にある結婚式場のようなエントランスとガラス張りの外観のお店。お店の前に広い駐車場があるので、ゆったりした感じが漂っている。広い店内は重厚な什器とインテリアでまとめられ、期待通りの高品質商品がふんだんに揃っている。仙台の料理好きには頼りにされているお店。わざわざお土産にと持参した京都の黒七味は竹筒入りと一緒に詰め替え用まで並んでいて嬉しいやら、がっかりやら・・・。 清潔な店内。みやぎ生協は元気!新聞の折込チラシに普通に広告が入っているのにはびっくり!3割引、4割引の文字が躍る。
キッチンサポートコーナーの試食では、使い捨ての紙容器ではなく、陶器の食器を使っていて生協らしい。リサイクルBOXの分類も細かい。
2日目に行った新田東のニュータウンとして開発された場所にもヨークベニマルのすぐそばに、みやぎ生協の新店が堂々とオープンされていた。
正面入り口にはダンボール箱を積み上げ、野菜を路面店風に大盛で売っている。日配品も、業務用と思われるポーションの商品が多く、店内はやや雑然としている。
グリーンマートやみやぎ生協とは車なら5分以内だが、商品の質や購入目的においては競合にならないだろうなぁと思われるお店。
ヨークベニマル泉古内店 ヤマザワ長命ヶ丘店 ヨークベニマル南吉成店
ツタヤ、ブックオフが近くにあり、誘導の係り員も多いのだけれど、それ以上に車でのお客が多く、駐車場への出入りが大変。
入ってすぐに衣料品が多く並んでいるのが目につく。
卵売り場の前には、78円のチキンラーメンがさりげなく置かれている。これはなんだかニヤニヤしちゃう関連販売!
『芋煮会はヤマザワにおかせください!』のちらしには、大型鍋、ゴザの無料貸出しと芋煮会10人前の基本セットやビール、2Lお茶の予約注文書になっている。さすが、地元のスーパーマーケット!
冷凍食品全品半額だったから商品がグッと減っていた。
野菜売り場には99円のPOPが目立ち安い!という印象を受ける。
車の出入りが多く、日曜日も火曜日も混んでいた。詳しくはサーベイ評価表をご覧下さい。

2日目:2005年9月5日(月)
西友勝山公園店→ヨークベニマル山田鉤取店→ザ・モール仙台長町店→ヨークベニマル新田東店
西友勝山公園店 ヨークベニマル山田鉤取店 ザ・モール仙台長町店
仙台中心部に近く、車で動く事の多い主婦にも便利な場所にある、24時間営業のお店。朝10時半でも、開店時の品揃えができておらず、のんびりというより、ダラっとしたムードがお店全体に広がっている。
24時間営業のお店ってずっと開いていて、メリハリがないためか、緊張感がなく、ダラケた感じを受けるお店が多いのよね。
仙台市内から20分以上は車を走らせる。近くには秋保温泉もあるらしい。ヨークタウンとして、ツルハ、ツタヤなど専門店が揃っていて、便利だろうな。
ペットフードの通路には床に可愛い犬・猫のイラストが入ったシールが貼られていて一目で認識できる。近頃のペットフードはカラフルになって子供菓子と見分けにくくなっているからこれは親切。
駐車場棟もあるし、シネマコンプレックスでは、多くの映画が上映されていた。月曜日の昼過ぎなのに、短縮授業だからかしら、レストラン街では席が空くのを待っている子供連れのお客もいた。
西友の食料品売り場では精肉売り場で対面販売もしているし、生鮮売り場の食材を買っているお客が多い。でも、このお店には天ぷら、カツ、寿司など名前の通っている美味しそうな専門店が惣菜売り場の続きにあり、そこで買い物をしているお客も多い。
ヨークベニマル新田東店
周りは区画整理事業により現在開発中の新しい街。建設途中の住宅地とマンションが立ち並ぶ。今からどんどん人口が増えるエリア。美容院や歯科医院、ケーヨーD2、ツタヤなども揃っているヨークタウン新田東の中にある。3日間で見て回ったヨークベニマルの中では一番新しい店舗。
惣菜売り場のすぐそばのサラダコーナーには、3種類の果物の盛り合わせが100円で並んでいる。『デラウェアとグレープフルーツとメロン』であったり『パイナップルとデラウェアとオレンジ』だったり、『ブルーベリーとキィウイとパイナップル』など、選ぶ楽しさと値頃感がある。また野菜売り場には緑と赤と黄とオレンジの4色のピーマンが4分の1ずつにカットされてちょうど1個分で88円。サラダや中華料理の彩りにちょっとずつ欲しいなぁと以前から思っていた商品をちゃんと作ってくれている。野菜のはかり売りコーナーの種類も多い。新店を見て、ヨークベニマルは今後もこのような細かい商品を作ってくれるのだという事がよくわかった。


3日目:2005年9月6日(火)
ヨークベニマル南吉成店サーベイ

主婦っとサーベイトップページに戻る