関西スーパー西冠店
(高槻市)
2008.12/07(日)
13:30〜14:40
2008.12/08(月)
11:00〜13:00

比較的庶民的なエリアにあるお店。1989年オープン。2007年改装。
ロイヤルホームセンターと同じ屋根の下にあり、広い駐車場が整備されている。買い物客の年齢層は幅広く、日曜日は家族連れも多い。11月19日(約一ヶ月前)に徒歩2〜3分の場所に「コノミヤ西冠店」がオープン。 関西スーパーもコノミヤも共に、毎週月曜日は「全品10%引」を開催している。「全品10%引」はお客にとっては「是非買い物に行かなくてはいけない日」でもある。特に価格に敏感にならざるを得ない昨今、お客にとってどのようなお店になっているのだろうか。7日日曜日と8日月曜日、2店舗を買い回ってみた。
各売り場 ちょっと一言 評価
野菜 日曜日、月曜日共にお客が多い。店員さんも次々と品出しをしている。商品を出しているそばからお客が次々とカゴに野菜を入れて行くので大忙し。鮮度の良さがわかるので購買意欲が湧いてくる。安売り商品にはアピールPOPが付いる。広告の品のブロッコリー98円、レタス128円など、安い商品の質が悪くない。だからお客は、売り場で品定めに時間をかけず、次々カゴに入れている。こういう所に関西スーパーへのお客の信用が伺える。98円の春菊、ホウレンソウ、小松菜も、お客はどんどん買っている。午後に小松菜を探していたら「すみません。午前中はあったのですが、売れ切れました」と売り場の店員さんが申し訳なさそうに言ってくれた。 ★★★
果物 ホームセンター側主通路を入ると果物売り場が広がっている。売り場には、クリスマスツリーが飾られていて、いちご、柿、みかんなど暖色系で迎えてくれる。寒い日のお買い物は、お店に入るとホッとする。いちご428円はこの季節ならちょっとお得な価格かな。でも、月曜日には385円になる訳だから「10%引きの日に買っておこうかな」の商品。 ★★★
鮮魚 1尾(1s)880円の活本鯛(愛媛県産)が5〜7尾、冷蔵平ケースに並べられていたが、血だらけの悲惨(!?)な鯛を丸物で見せてもらっても食欲が湧かない。日本人にとって鯛って「おめで鯛」「桜鯛」のように美しいイメージなのだから、もう少しきれいな状態で、並べてくれないと・・・。ギョッとした!! ★★
塩干 珍味の棚の価格表示は棚上部に付いており、商品が下に並んでいる。棚の高さに対して、珍味のビン本体が小ぶりなので、すぐ下の棚の商品価格と紛らわしい。「これが100円?」と思ってよ〜く見ると498円だとわかるような状態。最上段の値札のところに冷蔵ケースから冷気を逃がしにくくするために、ビニールのカーテンがかかっている。それが電燈に反射して、ますます見にくい。価格ラベルには商品に向けて、矢印が入っているので、見にくいと言う事はお店の人も気付いているようだが。矢印でさえ、言い訳に見えてしまうぐらい、わかりにくい。 ★★
精肉 国内産モモヒウチ焼肉用は、7日加工日の商品が「100g650円」、8日加工日の商品が「100g598円」になっている。古い日付の商品の方が、100gあたり52円も高いなんて。同じ部位なので同じ列に並べられている商品の100g単価が違うなんて「昨日のやのに、高いわ」じゃ、「値引きシール貼ってよ!」って大阪のおばちゃんに言われるんじゃない? ★★★
和日配 値引きシールが貼ってある商品もないし、日付管理は適正。普段使いに便利な商品が、特別に高くも、安くもなく並んでいる。お客も心得たもので、迷うことなく商品を淡々とカゴに入れている。
 種類を少なくして、いつもの商品を選びやすくしておくというのが日本の正統派スーパーマーケットの在り方なのかしら。毎日使う商品だけに、たまに目先の変わった商品も買ってみようかな・・と思わせてくれる売り場だともう少し楽しく感じるのに。
★★
洋日配 月曜日に166円のブルガリアヨーグルトを買っている人が多い。日曜日も166円だった。すごく安い価格ではないが、いつも来るお店のいつも買う商品の価格は、インプットされているから、10%引きの日なら買うのだろう。
パンやドライグロサリーの棚には、電子棚札が付いている。しかも、ちょっと古いタイプだから、文字が小さくて見にくい。チカチカとお得をアピールしている棚札は、元の価格とお買い得価格の2種類が表示されているので、尚更わかりにくい。
★★★
ドライ
グロサリ
メモを片手に、真剣な目つきで商品を探している買い物客が多い売り場。欠品はないが、棚の商品は乱れている。商品の陳列の手直しは2日間共されていない様子だった。
カートは、カゴを横に置くタイプなので、幅を取る。そのため、広い主通路はカートを押しているお客同士もすれ違えるのだが、ドライグロサリー売り場まで来ると通路が狭くなっていてすれ違えない。特に月曜日はお客が多く、突き出し陳列の商品をひっくり返してしまったお客がいた。こういう時は、店員さんが「大丈夫ですか?」と駆けつけてくれる姿をスーパーでは、よくみかけるのだが、店員さんは見当たらず、お客同士が助け合って片付けていた。
★★★
菓子 エンドでは、大量の袋入りのおかきやビスケットなどが並んでいる。クリスマス、年末年始にかけて、このようなボリュームで並んでいると思わず、ちょっと1袋買っておこうかな・・という気持ちになる。CMが流れている新商品もエンドに並び、手に取って眺めているお客も多かった。 ★★★★
惣菜 1個120円の中華まんじゅうは、中華街のような大きな蒸し器(セイロ)を使って湯気が出ている状態がずっと保たれていて、美味しそう。関西スーパーの揚げ物は主婦にも人気だが、このお店でもコロッケなどが次々と売れていた。若い男性客が惣菜だけを買っている姿も多く見かけた。このお店のお客は年齢層が広く、それに対応をした品揃えになっていると感じた。
ただ、食育を謳う会社なのに栄養バランスを考えた食事の取り方などのアドバイスが目に付かず、値頃感のある揚げ物が目立ってしまう。
★★★
ハウス食品の「ウコンの力」がやたらと目立つ関連販売。年末年始は需要も増えるのだろうが、食品を扱っているスーパーマーケットとしては、ちょっと寂しい。 ★★
店舗全体 レジが一番混んでいたのは、月曜日の正午前。その1時間あまりは、買い物点数が多いお客が多いのでレジ通過に時間がかかる。他の売り場から応援の店員さんが入り、2人体制レジが出来ている。 プロのチェッカーさんのようにスピーディではないが、手慣れた様子で一所懸命スキャンしてくれるので、お客も気長に待っている。
セルフレジが4台設置されていた。子供連れの若い世帯は楽しみながら使っているようだし、商品もスムーズに通っていた。しかし、香辛料の詰め替えの10g以下の小さい商品をスキャンした後、購入済み袋に入れても「商品をおいれ下さい」と電子音声で言われる。何も悪い事をしていないのに、ドギマギ。このような経験をすると、やっぱり機械はイヤやわ〜と思ってしまう。今後セルフレジが増えてきても、商品数が多いお客や、機械相手が苦手なお客は、時間がかかっても有人レジへ行くだろうなと思った。
「おさいふカード」Edyを使っている人が世代に関係なく多くいた。クレジット機能無しの事前チャージ方式。月間1万円以上2万円未満で翌月の買い物0・5%引き。5万円以上の買い物で、2.5%引きなど、利用金額に応じて、0.5%刻みで翌月の買い物割引率が変わってくる。食品の買い物には、この割引率のお得感と事前入金式が年配客にも受け入れられているのだろうな。
★★★
総評 大量陳列されている野菜や果物は、鮮度が良いので傷んでいるかどうかを疑わずに買い物ができてありがたい。しかし、売り場には安売りをアピールするPOPしか無い。普段と違う商品をアレっと思って買うには、きっかけが無さすぎる。いつも買い慣れている商品が、欠品なく並んでいたら日常の食生活は、それでなんとかなるとは言うものの、何だか楽しさが物足りない。北海道フェアなども開催されていたが、それだけで果たしてエリアの顧客の食生活は向上しているのだろうか。食品を扱うプロとして成熟しているお店なのに、お客に美味しさを教えてあげようという姿勢が無さ過ぎるように感じる。
 突き出した商品も目立つし、棚に斜めに掛けられたPOPが何度々カートにひっかかる。
特に通路が狭くなっているお店の中央部分では、お客が自分で元に戻している姿を何度も見かけた。セルフサービスだからこそ、店内を歩きやすく、買い物をしやすくしてくれるのというのも、スーパーマーケットの基本のはずなのに。
 お好み焼き屋、うどん・そば店、ハンバーガー店など、規模は大きくないがフードコートは賑わっている。お客が自ら持参したティッシュペーパーでテーブルやイスを拭いてから席に着く姿を多くみかけた。この場所の管理はどこの担当なのか?買い物の帰りに唯一ホッと出来る場所なのになぁ。こういう部分にもお店の親切とか、思いやりとかが表れるもの。
56点

 調査店舗名に戻る

表紙ページに戻る