万代逆瀬川店
(兵庫県宝塚市)
2007.12/25(火)
14:40〜15:30
2007・12/28(金)
11:20〜13:00

宝塚市の「コーヨー逆瀬川店」「万代逆瀬川店」で年末の25日、28日にお買い物。梅田から阪急電車に乗り、西宮北口で乗り換えて終点宝塚駅の2つ手前が逆瀬川駅。「コーヨー逆瀬川店」は駅前にあり、そこから徒歩8分で「万代逆瀬川店」。
25日はクリスマスの雰囲気も多少残り、加えてお正月用品も並び始め、店内は華やか。
手作りお節や関西ならではの里芋の入った白味噌雑煮など、お正月料理のために"本気で買い物"の主婦にとって、迎春用食材の並ぶスーパーマーケットは1年で一番ワクワクする。商品の質にも価格にも、いつも以上に敏感にハレの日食材を選ぶ。そして、じっくりサーベイをした。
28日は、重い根菜類を買い込んでもいいようにと、車で行ったので周辺店舗「イズミヤ小林店」「阪急オアシス宝塚店」にも立ち寄った。

万代逆瀬川店は、オープンして2年目。道路沿いにある「ローズスクエア」と書かれた敷地内には「神戸屋」「木曽路」の飲食店もある。タイムズの共有駐車場になっており、万代で買い物をしたら1時間無料。万代にしては、広いお店(2025u)。さてその売り場はどのようになっているのか、楽しみにお買い物をした。
各売り場 ちょっと一言 評価
野菜 特売のほうれん草100円やキャベツ1玉198円などの価格は、コーヨー逆瀬川店と同じだが、定番棚の近郊野菜は128円(コーヨーより70円安い)のオンパレードで、その上鮮度も良いため「万代って野菜が安い」というイメージを持つ。
車での来店客が多いためか小箱入り398円のメークインや玉ねぎをカートに迷いもなくドンと載せて行くお客を何人も見てびっくり。
雑煮大根、くわい、小芋などや、立派できれいなれんこんが28日でも100g100円という良心的な価格で並んでいたので喜んで購入。しかし、25日1本100円(広告の品)だったさつま芋同等商品が28日には158円になっていた。きんとん用だから4本は必要。「日持ちのする商品はお買い得をみつけた時に買っておかないと!」これが賢く迎春用食材を買う主婦のコツ。
★★★
果物 キズありりんご1箱千円(18個入り)、みかん1箱1280円(5キロ入り)が良く売れている。入り口からボリューム感も安さもアピールできていて、きっちりお客に伝わっている証拠。箱売りみかんには試食があり、真剣な顔つきで味見をしていた女性客は、その後カートに1箱積んだ。キズありりんごの前でも、購入するかどうかを話し合っている高年齢夫婦の姿があった。試食があれば、即!問題解決だったかも・・・。 ★★★
鮮魚 主通路沿いに果物、惣菜、野菜売り場を通過した突き当たりが鮮魚売り場になるのだが、通ってきた売り場に比べると、鮮度も安さも活気もトーンダウン。
28日には「当店の大奉仕品ずわいがに」のPOPと共に大々的に大箱入りのカニ、エビを並べている。天井からは「魚はやっぱり万代」「フグはやっぱり万代」という赤地に黄色文字の派手な広告が吊り下げされていて、見た目は派手なのだが、お客が「やっぱりね」と納得できる鮮魚が無い。解凍の商品(特に刺身)は美味しそうに見えないので、どうも買う気になれない。解凍方法が悪いのかしら?切り方が悪いのかしら?
水や氷を使う売り場である事はわかるが、床が汚れている。
★★
塩干 鮮魚周辺の冷蔵エンドの照明が青っぽくて美味しそうに見えない。この売り場だけ、突然照明の色が変わるのは不自然なのに何故使うのかなあ?
瓶入りウニ3本パック、珍味類など日持ちのする商品が、とりあえず棚が寂しくならないように並べてあるという感じ。
このお店に限らず、どこのお店に行ってもこの時期は数の子ばかりがやたらと目に付く売り場になっている。回転寿司に行けば年中食べる事が出来るし、スーパーで売っている「お魚屋さんのお鮨」でも買う事が出来る。確かにお節には欠かせないけれど・・・。箱入りの数の子が横並びにペタペタと置かれるようになってから、何年ぐらい経つのかしら。もうそろそろ価格でしか判断出来ない売り場ではないようにしてもらえないかしら。
★★
精肉 「ちゃんこづくし」というパックには、鶏肉、豚肉、ミンチの団子がセットになっている。小598円、大は980円。充分4人分〜6人分の夕食が楽しめると思える美味しそうなお肉の組み合わせだった。横には「めちゃ売れてます」のPOPがある。確かによく売れていそうな魅力のある商品。この商品と一緒に野菜とおうどんが並んでいれば、忙しい年末のメニューが決まってありがたいのに。
交雑種のすき焼き用は、脂の部分が多過ぎて鍋の中を想像すると買うのをためらった。しゃぶしゃぶ用と書いてある牛肉も、すき焼き用かと思う程の厚みがあるし、パックの縁にお肉が挟まった状態でラップされていたり、パックの中のお肉が等間隔に並んでおらず、商品作りが乱暴。安いというのはありがたい事だけれど「安いから仕方ない」とお客に諦めさせていていいのかしら。
★★★
和日配 28日は焼きそば麺が欠品している。年末の忙しいお昼には便利なメニューだからだよね。その隣には、年越しそばと一緒に刻みネギのパックが並んでいる。でも、まだ28日なんだから焼きそば麺を充実させてくれる方が主婦にはありがたいのだけれど。
25日に「発注ミスか!?」と思う程すっきりと空白になっていた棚は、28日にはびっしりとかまぼこが並び、紅白の酢れんこんや、後は炊くだけの手綱にしてくれてあるこんにゃくもあり、真剣にかまぼこを選ぶお客で、売り場は人だらけ。
★★★
洋日配 子供用のヨーグルトやジュースが充実。しかも子供目線の低い位置での陳列が整っているので、つい欲しくなる子供もいるだろう。
パン売り場は、和生菓子などと一緒に並んでいる。広いコーナーになっているので、選びやすい。
★★★
ドライ
グロサリー
定番棚の「万代自慢のお好み焼きコーナー」は粉もソースも充実しており、お客もたくさん立ち寄っている。
28日には、主通路側のレジ近くのエンドで万代のPBのするめやドライサラミが、突き出し陳列されていて、お店の戦略通りに思わずカゴに入れてしまった・・・。
不織布の中に鰹節が入った”パック入りのカツオだし”・”羅臼昆布”を探したが、見当たらなかった。日常使いをする粉末インスタントか大袋に入っただし用の削り節しかない。普段は、粉末の風味だしを使っている主婦でも、お正月は昆布やパック入りのカツオだしパックを使ってお料理を作るかもしれないと想定したエンドも必要ではないかな。その横に、白味噌やみりんがあると買いやすくなるのに。
★★★
菓子 万代にしては少々広いお店なので、子供連れのお母さんは子供がグズり出すと「お菓子一個だけ選んで来ていいよ」と言っているのを何人も見かけた。可愛いお菓子が一杯揃っていて、この売り場だったら子供も時間をかけて選べて楽しいだろうし、親も楽チン!?
いつもの生菓子の売り場に贈答用菓子も並んでいた。シーズンだからかもしれないし、広い売り場だから出来る並べ方かもしれないけれど、良く目に付くので今日買わなくても、贈答品として必要な時には利用しようと記憶に残るものだ。
★★★
惣菜 お店に入ってすぐ真正面に「DERICATESSEN」というロゴが目に飛び込んでくる。天井が高い上に明るい店内なので、尚更目立つ。
唐揚げ4個と炒飯のセット(398円)、餃子と炒飯のセット(398円)は美味しそうで、お買い得に感じる。
通路がカーブになっていて、少し広くなっている場所では、25日に焼き鳥バイキング、28日にコロッケバイキングが行われていた。両日共お客で賑わっていたが、売り場周辺が汚れておらずクリンリネスにも気を使っている事が伝わって来る。
サンマ、鯖、鮭などの焼き魚がきれい。塩焼きには紅塩使用を表示して、売り場には「アンデスの紅塩」の塊が見本に置かれている。隣には紅塩の粉末が売られていて、ちょっとした見せ方が上手。
★★★★
和花セット480円、迎春用の仏花980円など、手頃な価格の商品が並ぶ。ユリは別売りになっている。価格の高いお花セットも良いが、別売りの単品の花で自分の家に合ったものを選べるのは、このお店に来るお客にはありがたいと思われる。 ★★★
金箔入りの日本酒やお正月用のおめでたいネーミングのお酒がエンドに並んでいる。ビール6缶パックも迎春用がきちんと積まれている。何かと理由を付けて飲みたい人にはありがた〜く迷える売り場。 ★★★
店舗全体 入り口すぐ目の前に果物売り場が広がる。天井が高く、果物野菜売り場の隣には、すぐ惣菜売り場が続く万代の新しい型かな?
どの売り場も、価格表示フォントが大きく見やすい。但し、精肉商品の中には、g数や産地が記載してある値札シールと、もう一枚価格だけを黄色地に黒文字を大きなフォントで記載したシールを貼ってくれてあるパックもある。ただ、定番商品であっても、黄色地になっているので本日の安売り商品と勘違いしそう。
25日にお買い物に行った時には「お知らせ お正月用品は26日からの販売」という大きなポスターが店内に吊り下げられていた。このような告知ポスターが目に入ると、買い物の予定を立てやすいだけでなく、26日からはどういう商品が並びお店の雰囲気がどう変化するのか期待しちゃうよね。確かに28日には、25日までのクリスマスの雰囲気の売り場から、すっかり迎春の売り場になっていた。

トイレは、たくさんのお客が利用するのはわかるが、いつ行っても掃除が行き届いていなかった。
★★★
総評 お店はどの売り場もハレの日食材になっていて買い物客も真剣に商品を選んでいる。ところが26日〜31日まで、主婦は節約しつつ、正月準備をしなくてはいけないので、こんな時期こそお昼ご飯や夕食を前面に出した「ケ」の提案がもっと欲しい。ドライグッロサリーのエンドでは、1kg大袋入りのスパゲッティが並んでいた。茹でるだけのパスタは便利だけれども意外とお定まりのメニューになりがち。だからこそ家族に「また〜」と言われないような提案を一緒にしてくれると、2袋でも3袋でも買うのに。日常の食を支える地元のスーパーなのだから普段の食事作りに親切だと、もっとファンになるのになぁ。 59点

 調査店舗名に戻る

表紙ページに戻る